ラルフローレン株式会社の企業情報

ラルフローレンは、1968年のニューヨークにて高級ネクタイ「POLO」から事業をスタートしました。
その後、ファッション業界にて権威のある「コティ賞」を受賞し、さらには世界的名作映画の衣装にブランドが起用され、またオリンピックの公式アウトフィッターを務めるなど現在では世界のファッション業界をリードするブランドへと成長を果たしました。

日本では、2006年表参道にアジア発となるRalph Lauren Omotesandoをオープンさせ、白を基調とした圧倒的な存在感を放つ外観のみならず、商品ラインナップの充実やストア社員の接客スキルの高さなど一世を風靡しました。

現在では表参道をはじめとした路面店、ショップインショップである百貨店、アウトレットのファクトリーストア合計すると400店舗以上を構えるまでに成長しました。2017年も50店舗以上の新規オープンを予定しております。

今後ますます日本市場における成長が期待されており、ストアにおけるセールスアソシエイトの重要性が更に高まっています。

アパレル採用担当者の声

企業の魅力

ラルフローレンでは、ブランドに誇りを持ったスタッフが多く活躍しておりますが、スタッフのキャリアは人それぞれ。
「社内公募制度」を活用し、多くの社員が各自のキャリアを築いています。
もちろん「路面店」・「百貨店」・「アウトレット」間での異動をされる方や、ブランド間での異動をされる方、中には現場から本社へ異動する社員もいます。様々なチャネル・ブランド・店舗を所有するラルフローレンだからこそできるこの制度。

また、取り扱うブランドはラグジュアリーからカジュアルライン、紳士服や婦人服だけでなく子供服やスポーツウェアなど幅広い商品を扱っているため、さまざまな年齢層のお客様がご来店されます。よってご自身のご年齢に合わせてフィールドを変えることもできるので、年齢に関係なく長く働くことができます。また産休育休の取得者も毎年多数おり、出産時の特別休暇が取得できるのもラルフローレンならではの取り組みです。

最後に、ラルフローレンでは専門の教育チームによる研修を受講することができます。
入社後であれば、ラルフローレンの歴史はもちろん商品知識から販売に関することまで、自社のブランドに誇りをもっていただけるように東京本社にてみっちり研修を受講していただきます。

教育以外にも、会社ではボランティアやチャリティなどのCSR活動にも力を入れており、10年以上にわたり世界中で行なっている「ピンクポニーキャンペーン」ではその売り上げの一部を対がん協会に寄付するなど、社会貢献を果たしている点も自社に誇りを持てる要因の一つです。

企業の求める人物像

ラルフローレンは、「スタッフはファミリー」という考えを持っています。
その精神は社内に浸透しており、スタッフはブランドを愛しチームワークを大切にしながら日々業務と関わっています。
そのため、ラルフローレンのスタッフには、ブランドの世界観に共感し商品を愛せることはもちろん、
コミュニケーション能力が高く、お客様の嗜好を感じ取れる洞察力の優れた人が求めています。

ラルフローレン株式会社の求人を探す

ラルフローレン株式会社のブランドから求人を探す

ご希望の求人が見つからない方へ

ファッショーネには非公開の求人が多数

ファッショーネにはサイトには掲載していない非公開求人が多数あります。

非公開求人は、突然の欠員や少人数の募集、新規ブランドの立ち上げに携わる人材募集など、一般公開できない求人のことです。求人の約7割は非公開です。

あなたのご要望やご経験に応じて求人を紹介しますので、ぜひ、お問い合わせください。

公開されている求人だけでは見つからない出会いをご提案致します。
是非、私達にご気軽にお問い合わせ下さい。


お電話によるご相談も受け付けております。
0120-987-703 受付時間:平日9:00~18:00

FASSIONE(ファッショーネ)
初めての方へ
無料転職支援サービスの
仮登録はこちら

ファッショーネ(FASSIONE)TOPへ