インタビューした企業

田村駒株式会社

自分自身の発想力で大勢の人の生活を豊かにできる喜び

田村駒株式会社は、1894年に繊維・素材業として創業。120年以上に渡り、大手アパレルのパートナーとして、国内メジャーブランドの多くに企画から携わっており、企画提案力を生かしたものづくりに力を入れています。現在では、衣料品をはじめ家電・寝装・寝具、リビング製品といった、幅広い事業を展開している商社です。

プロフィール

人事課 大木様

田村駒株式会社に入社をして19年目となる。
17年間は、アパレルの営業に従事。2018年4月に人事課に異動し、新卒・中途の採用を担当。

  • 変化に飛び込み、新たな価値を紡ぐ

  • ー 田村駒株式会社について教えて下さい。

    1894年に創業した繊維商社です。衣料用素材や製品の製造卸をメインとしていますが、近年では非繊維ビジネスの強化も図り事業領域拡大を狙っています。レディース、メンズ、キッズ、スポーツといった多様なアパレルメーカーをはじめ、雑貨やインテリア業界、家電メーカーなどが取引先です。

  • ー デザイナーと生産管理の仕事内容について教えて下さい。

    今回は、デザイナーと生産管理の2つの職種についてご説明します。
    デザイナーとして担当いただくブランドの系統は、「カジュアル系」もしくは「セレクト系」になる予定です。1シーズンあたり⽉平均20〜30型、ハイシーズンには40〜50型をデザインしていただきます。

    部署によって異なりますが、最近はODMが多くなってきているため、アパレルブランドから簡単な洋服のイメージ画像やデザイン画が送られてくるので、送られてきた資料を元に、デザインを書き起こし、具体化したものをサンプルとして制作する、いわゆる1から10をつくる仕事をしていただきます。

    基本的に、デザイナーは営業とペアになり、お客さま先に足を運び、商談を進めながらブランドの希望に沿ったものを作り上げていきます。商社のデザイナーは、自分が作りたいものをどんどん作る仕事ではなく、あくまでも、お客さまがいることで成り立つ仕事です。

  • 田村駒の生産管理は、基本的に外注のパタンナーとのやり取りや資材の発注、工場とアパレルブランドの間に立ち、商品の品質や納期について、細かいやりとりを行います。生産管理では、「どこがだめだったのか」「どうしたら良いものができるか」など、模索しながらアパレルメーカーに変更部分を提案したり、確認したりしながら様々な作業を行います。

  • ー 担当するアイテムや取引先は、どのように決まるのでしょうか。

    配属チームに関しては、経験等に応じて最終決定します。また、部署については各部署で得意なアイテムが存在します。スーツやフォーマルアイテムを扱うことが多い部署やカジュアルなヤングマーケット向けの部署、セレクトショップの商品を担当する部署、メンズが多い部署など、それぞれに求められるスキルが異なるので応募者ご本人と面接を通してお話をし、マッチする部署に配属をいたします。もちろん、配属希望もお伺いします。

  • 商社のため取引先は固定ではありません。新しいアイテムやブランドを担当することになる場合もあるので、柔軟に対応いただければと思います。

  • 職域が広がる、責任感の身につく仕事

  • ー 働く上でのやりがいや魅力について教えてください。

    任せてもらえる仕事の幅が広いことは、田村駒の魅力ですね。デザイナーは、営業と商談に同行するところから、生地や付属の選定、パタンナーとのやりとりなどものづくりに大きく携わっていただきます。

    自分は「ここの領域だけ担当する」のではなく、仕事に慣れていくと任せてもらえる仕事も多くなるので、職域が広がります。 生産管理も基本的に、自分で資材を発注するところからはじまり、検品や工場とのやり取り、貿易に関するところから納品の管理まですべて生産管理が担当します。どの職種でも任せてもらえる幅は広いので、田村駒の仕事は、面白くてやりがいがあります。

  • ー 田村駒株式会社に入社をして、成長したと感じる点を教えてください。

    「責任感」がつきました。 自分が決めないとすべての作業が止まってしまう。自分がやらなければ、他にやってくれる人はいない。 納期が決まっているのはデザイナーでも生産管理でも営業でもみんな同じです。大変なことも多いですが、同時に自分の仕事としてしっかり任せてもらえるので、完遂能力含め、責任感が強くなりました。

  • 変化の激しいマーケットで価値を提供し続ける

  • ー 今後、会社としてチャレンジしたいことはございますか?

    少しずつ、新しい取り組みが広がってきていて、衣料品だけでなく家電関係や雑貨類が非常に伸びてきている印象です。

    最近は、介護向け商品なども生産しています。伸縮性のいい生地で洋服を作り、着替えさせやすい服を作ったり、治療などで頭髪トラブルを抱える方や長期的に入院生活を送っている方向けに、お洒落な帽子やパジャマを企画生産もしています。会社としても「ファッションだけではない」ことはどんどんアピールしていきたいですね。

  • ー 最後に、アパレル業界で転職を考えている方へメッセージをお願いします。

    田村駒のビジネススタイルは自分で組み立てていくのが基本となっているため、指示をいちいち仰ぐのではなく、自主的に行動ができる積極性が求められます。そのため、「自由度の高い企業で働きたい」という方には最適の環境といえます。

    また、働く環境はアットホームでカジュアルな雰囲気で、社員同士もとても仲がよく、田村駒で長く働く社員が多いです。休日に関しては年間120日以上あるため、プライベートと仕事にメリハリをつけて働くことができると思います。夏季冬季休暇などのほか、産前産後休暇や育児・介護休暇が取得できるので働きやすさも魅力です。気になる方は、ぜひ選考でお待ちしております。

田村駒株式会社の求人を探す

ご希望の求人が見つからない方へ

ファッショーネには非公開の求人が多数

ファッショーネにはサイトには掲載していない非公開求人が多数あります。

非公開求人は、突然の欠員や少人数の募集、新規ブランドの立ち上げに携わる人材募集など、一般公開できない求人のことです。求人の約7割は非公開です。

あなたのご要望やご経験に応じて求人を紹介しますので、ぜひ、お問い合わせください。

公開されている求人だけでは見つからない出会いをご提案致します。
是非、私達にご気軽にお問い合わせ下さい。


お電話によるご相談も受け付けております。
0120-987-703 受付時間:平日9:00~18:00

FASSIONE(ファッショーネ)
初めての方へ
無料転職支援サービスの
仮登録はこちら